札幌スープカリー HOMEへ
メニュー 店舗情報・クーポン
スパイスパワーで,カラダも歓ぶ。
https://newport.stores.jp
POWER OF SPICE
時計台の鐘とともにカリーが香りはじめた。
カレーライスの発祥は、旧日本海軍だという説があります。
イギリス海軍が軍隊食としてカレーを食べていたのを、日本海軍が取り入れました。
明治41年の海軍割烹術参考書には、カレーライスのレシピも載っているのだとか…。
しかし、こと札幌に関する限り、カレーはあの「少年よ大志を抱け」の
クラーク博士率いる札幌農学校で食べられ始めたとのことです。
それから、130年余り、「カレーライス」から「スープカリー」に発展し、
昨今ではラーメンやジンギスカンと並び、札幌三大名物に成長いたしました。
もはや市内でも優に200店舗を超える勢いなのです。
北海道産の食材にこだわった札幌本場の味を是非、ご賞味くださいませ。
札幌名物スープカリー
至福のスープカリー。ようこそ、カリーの海へ。
札幌から、香ばしい風が吹いて来た。
スパイスや素材が大地なら、カリーは海である。
あらゆる「具」を迎え、飲み込む許容性。
海は波を有し、文化、人々をも運ぶ。
だから、カリーは雄大で深遠である。
人を繋ぎ、魅了する美味と刺激の茶褐色の「海」へ。
オリジナリティ溢れる情熱を今、札幌から横浜へ。
−屋号(店名)の由来−
アナンダ(ananda):ヒンドゥー語で「喜び」、バリ語で「至福の時」「幸福」、
サンスクリット語で「平穏」「ハーモニー」を意味します。
その昔、スリランカにカレー&スパイス探訪の旅をした際に、
現地で大変お世話になったガイドさんのお名前からネーミング採用致しました。